【麻雀】今日は真面目に昔の思い出を語ろうと思う【センチメンタル】

2022年3月27日

天鳳

Mリーグロスの皆さん、どうもこんにちは!
今日は昔のエピソードを1件書いていこうと思う(所々あやふやなところは創作ですが、そこはご勘弁を)

私達は趣味が少ない社会人。
年齢も職業も違えばマスターに注文する飲み物すら全く違う。

そんな「他人」と「知り合い」の中間くらいの関係だが、麻雀をしている時はかけがえのない「大親友」だ。

「今日もよろしく!」

楽しい雰囲気で始まる対局。
私が親だ。幸先の良い展開に、サイコロも陽気に踊りだす。

東1局 0本場 親番 ドラ

配牌

ドラのダブ東暗刻。。。親満確定したぜ。

順当にを切り出し内心ウキウキで対局がスタート。

皆は雑談を始める。

「今日の仕事は大変だった」
「朝までストレス発散だぁー!」

私は皆のストレスが新たに溜まりそうだなと思いながら、鳴きのタイミングを伺う。
6巡後、鳴ける牌が出てこないまま私の手牌は育っていく。

一向聴。
面前でいけるのか?

跳満確定しちゃいそうだな、と思いながらの次を自摸るとまさかの

本日最初の東1局、失う物は何も無い。
強いて言うなら友情か?

単騎待ちならどちらも初牌。小考の上ツルツルのを切り

「リッチ!」
リーチ超人並みに元気よく発声し、リーチ棒を置く。

7巡目、親の先制リーチに皆の注目が集まる。

全員現物切りで対処する中、私の第1自摸はドラのだった。

「カンにゃ!」

新ドラは乗らず。
ふざけた私とは対照に卓上は凍り付く。

ドラ4が卓上に露出。
ダブ東も含めて、目に見える親の跳満だ。

周りはわざとらしく悲鳴を上げる。
私は寡黙なストリートファイター佐々木寿人のようにクールを装う、が内心ドッキドッキ。

現物が無くなったのであろう、西家がを切った。

「それだ。」

さぁ裏ドラタイムだ。

裏ドラ2枚は

裏4だと。。?

「リーチダブ東ドラ8」
親の三倍満36,000点。

「36,000点ですね」
「ある訳ないだろっ!」

半荘終了。開始10分で決着だ。

あの時の彼とはあれ以来あっていない。元気にしているだろうか?
この記事が彼の目に留まることを願うばかりだ。

さて、天鳳でもやろうかな。

佐々木寿人に関するみんなの反応

Posted by しまぶー