【麻雀】成績レーダーチャート【瑞原明奈/U-NEXT Pirates】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【瑞原明奈/U-NEXT Pirates】【Mリーグ】

メンゼンリーチ手順で強気に攻めていくスタイル。自身で「自身のことを鳴き判断、押し引き判断を状況に応じてかなり変化させるタイプ」と語っている。天鳳で九段まで昇段した実力を持つ。Mリーグ2021シーズンMVPに輝いた。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【石橋伸洋/U-NEXT Pirates】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【石橋伸洋/U-NEXT Pirates】【Mリーグ】

ネット麻雀出身で雀風はいわゆる「デジタル」に属する。鳴きを入れ早上がりで攻めていくスタイル。また、赤5筒切りリーチで4,7筒待ちなど、相手の意表を突く戦術を多用する。自身で「読みが入るメンバーで打つ場合は、あえてセオリーを外すことで相手の読みを外せるのではないか」と語っている。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【朝倉康心/U-NEXT Pirates】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【朝倉康心/U-NEXT Pirates】【Mリーグ】

押し引きはバランス型として知られるが、的確な守備にも定評がある。科学的なデータや体感的な期待値を基に、経験則や状況で判断を調整するアナログなスタイル。オンライン麻雀・天鳳の初代天鳳位となる。多井隆晴、小林剛、石橋伸洋らを退け、第四期天鳳名人戦で優勝。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【小林剛/U-NEXT Pirates】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【小林剛/U-NEXT Pirates】【Mリーグ】

スピード重視のデジタル派。役牌の1鳴き早仕掛けが多い。鳴いて手牌を短くするが、堅牢な守備を誇り、ラス回避率はMリーグ内で1,2を争う。打点の低さは手数の多さでカバーしている。麻雀の練習はまったくしないと公言している。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【本田朋広/TEAM RAIDEN / 雷電】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【本田朋広/TEAM RAIDEN / 雷電】【Mリーグ】

バランス型。テレビで観た佐々木寿人や滝沢和典と対戦してみたいという思いから、28歳でプロテストを受ける。滝沢和典に対する憧れが強く、落ち着き払った態度や秀麗な所作は、滝沢和典から学んだ面が強いかもしれない。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【黒沢咲/TEAM RAIDEN / 雷電】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【黒沢咲/TEAM RAIDEN / 雷電】【Mリーグ】

常に高打点の手を作り、勝負所では押しまくる。豪快な麻雀が持ち味。副露率の低さはMリーグ内で1,2を争う。それゆえに、黒沢が鳴きを入れた瞬間、卓上に緊張感が走る。また攻めるべき時に攻め、守る時はしっかり守る押し引きのメリハリもしっかりしている。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【瀬戸熊直樹/TEAM RAIDEN / 雷電】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【瀬戸熊直樹/TEAM RAIDEN / 雷電】【Mリーグ】

攻め重視の重厚な雀風。親番で猛連荘をかけることが多く、これを「クマクマタイム(KKT)」という。押しの強さとクマクマタイムの強い印象からついたキャッチフレーズが「卓上の暴君」である。なお、プライベートでは奥さんに頭が上がらない模様。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【萩原聖人/TEAM RAIDEN / 雷電】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【萩原聖人/TEAM RAIDEN / 雷電】【Mリーグ】

『魅せる麻雀』を信条としており、高い手や手役を作りに行く傾向が強い。好きな手役は三色同順。俳優として有名であり、麻雀界への貢献度は多井隆晴以上かもしれない。Mリーグでは負けが続いているが欠かせない存在である。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【東城りお/セガサミーフェニックス】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【東城りお/セガサミーフェニックス】【Mリーグ】

積極的に手役を絡めた攻めを仕掛ける攻撃型。自身で「図太い」「図々しい」と語っており、ライバルの動向に気を取られ過ぎず、自分の手を曲げずに進行することが持ち味。グラビアアイドルでもある。その美貌からファンも多い。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【和久津晶/セガサミーフェニックス】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【和久津晶/セガサミーフェニックス】【Mリーグ】

派手な見た目と攻撃に重きを置いた打ち方が特徴的だが、Mリーグでは弱気なを選択する場面が多かったように感じた。

詳しく見る