【麻雀】成績レーダーチャート【岡田紗佳/KADOKAWAサクラナイツ】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【岡田紗佳/KADOKAWAサクラナイツ】【Mリーグ】

堅実で守備的な打ち方をベースとしながらも、攻めるべき局面では手役を作ってリーチを仕掛けていく。フジテレビONEの番組『芸能界麻雀最強位決定戦 THEわれめDEポン #121』で、本人も番組も初めてとなる役満九蓮宝燈を和了った。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【内川幸太郎/KADOKAWAサクラナイツ】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【内川幸太郎/KADOKAWAサクラナイツ】【Mリーグ】

雀風はバランス重視の対応型。2019年7月9日、Mリーグの新設チーム・KADOKAWAサクラナイツより1位指名を受ける。なお、指名を受けたとき本人はリーグ戦の対局中であったが、そこで国士無双を和了した。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【二階堂瑠美/EX風林火山】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【二階堂瑠美/EX風林火山】【Mリーグ】

極端な手役派。「三色を作るために麻雀を打っている」「三色を狙っている人を見るだけで嬉しくなる」と公言している。また役牌とならない字牌=オタ風も積極的に利用しようとする。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【松ヶ瀬隆弥/EX風林火山】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【松ヶ瀬隆弥/EX風林火山】【Mリーグ】

万能型。対局中に大切にする事として対局者の癖や普段と違った動きなどの情報を見逃さない事を挙げている。2021年には麻雀プロリーグ・Mリーグのチーム「EX風林火山」新メンバーオーディションにて優勝を果たし、2021シーズンでドラフト指名を受ける。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【勝又健志/EX風林火山】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【勝又健志/EX風林火山】【Mリーグ】

メンゼンを中心に、必要に応じて鳴きをいれる柔軟なスタイル。劣勢時も簡単にはベタオリせず、高度な読みを駆使して危険牌を通すことも少なくない。巧みなゲームメイクと麻雀知能が非常に高い。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【二階堂亜樹/EX風林火山】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【二階堂亜樹/EX風林火山】【Mリーグ】

姉妹共に、師は安藤満プロ。打ち筋においてはドラを非常に大切にすることでも知られ、「ドラは恋人」という名言を残す。好きな役は混一色・清一色・メンタンピン、嫌いな役は七対子。守備寄りのバランス型。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【丸山奏子/赤坂ドリブンズ】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【丸山奏子/赤坂ドリブンズ】【Mリーグ】

大胆な選択でも実行できる思い切りの良さが魅力的で多井、寿人、滝沢を相手にラスから見逃しでの大逆転倍満ツモで鮮烈なデビューを飾った。丸山の対局が終わった後は自身で対局中に何を考えていたのかをメモし、その内容を元に園田、村上、たろうがフィードバックしているという。現役最強達に囲まれ成長していく丸山に期待が高まる。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【鈴木たろう/赤坂ドリブンズ】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【鈴木たろう/赤坂ドリブンズ】【Mリーグ】

デジタル派雀士として知られているが、彼の掲げる「デジタル」とは、「ツキなどの曖昧な要素を否定し、論理的な思考に基づいた選択を行う」という意味での「デジタル」であり、近年流行している「統計データを基にした戦術」とは異なる。野口賞、最強位、雀王など、数多くのタイトルを獲得している。雀王決定戦三連覇の記録を持つのは彼だけである(2014年12月時点)。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【村上淳/赤坂ドリブンズ】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【村上淳/赤坂ドリブンズ】【Mリーグ】

雀風は、オカルト否定のいわゆる『デジタル』型。また喰い仕掛けが極端に少なく、門前で手を進め積極的にリーチをかけるスタイル。Aリーガーになったばかりの頃、μツアー選手だった小林剛、日本プロ麻雀棋士会に所属していた鈴木たろうと共に「月刊プロ麻雀」誌上で「オカルトバスターズ」を結成。先輩プロの論理的ではない理論に対し、ロジカルに反論していった。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【園田賢/赤坂ドリブンズ】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【園田賢/赤坂ドリブンズ】【Mリーグ】

「状況に応じて手を変える」など素直な手の進め方をしない雀風をとっており、「王道のリーチ・ブラフの仕掛けを巧みに使い分け、自分の有利な状況に持ち込むのが得意」と言及されている。園田自身は「河の作り方」に拘っており、雀聖アワーのライター・福山純生は「引き出しの多さが特長」と述べている。

詳しく見る