【麻雀】成績レーダーチャート【瀬戸熊直樹/TEAM RAIDEN / 雷電】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【瀬戸熊直樹/TEAM RAIDEN / 雷電】【Mリーグ】

攻め重視の重厚な雀風。親番で猛連荘をかけることが多く、これを「クマクマタイム(KKT)」という。押しの強さとクマクマタイムの強い印象からついたキャッチフレーズが「卓上の暴君」である。なお、プライベートでは奥さんに頭が上がらない模様。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【萩原聖人/TEAM RAIDEN / 雷電】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【萩原聖人/TEAM RAIDEN / 雷電】【Mリーグ】

『魅せる麻雀』を信条としており、高い手や手役を作りに行く傾向が強い。好きな手役は三色同順。俳優として有名であり、麻雀界への貢献度は多井隆晴以上かもしれない。Mリーグでは負けが続いているが欠かせない存在である。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【東城りお/セガサミーフェニックス】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【東城りお/セガサミーフェニックス】【Mリーグ】

積極的に手役を絡めた攻めを仕掛ける攻撃型。自身で「図太い」「図々しい」と語っており、ライバルの動向に気を取られ過ぎず、自分の手を曲げずに進行することが持ち味。グラビアアイドルでもある。その美貌からファンも多い。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【和久津晶/セガサミーフェニックス】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【和久津晶/セガサミーフェニックス】【Mリーグ】

派手な見た目と攻撃に重きを置いた打ち方が特徴的だが、Mリーグでは弱気なを選択する場面が多かったように感じた。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【茅森早香/セガサミーフェニックス】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【茅森早香/セガサミーフェニックス】【Mリーグ】

「麻雀は常に冷静に打つ」・「平常心」といった言葉をモットーとしている。デビュー当初は主に守備を重視した打ち回しを見せていたものの、攻撃的な打牌が見られるようになる。実力は団体を問わず女流プロの中でもトップクラスと評価されている。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【近藤誠一/セガサミーフェニックス】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【近藤誠一/セガサミーフェニックス】【Mリーグ】

メンゼン派で、仕上げる時にはとことん高目を追求していく高打点スタイル。『大きく打って大きく勝つ』のフレーズに表されるように、観る人を惹きつける華やかさが持ち味。膨大な経験と基礎に裏付けられた重厚な打ち方と、気合の入ったモーションから、崇拝する打ち手も多い。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【魚谷侑未/セガサミーフェニックス】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【魚谷侑未/セガサミーフェニックス】【Mリーグ】

名前に「魚」が含まれていることに加え、鳴き仕掛けを多用する打ち筋から「最速マーメイド」とも呼ばれる。運や流れといった要素よりも確率を重視するデジタル派雀士である。得意な手役は「鳴き仕掛けでも満貫になりやすい」という理由で混一色。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【日向藍子/渋谷ABEMAS】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【日向藍子/渋谷ABEMAS】【Mリーグ】

守備型。打点が低い時や親の先制リーチに対しては安全に立ち回るようなうち筋。女流プロとYouTuberとして活動する他、最高位戦の主要タイトル戦や対局番組の実況を務める等、マルチな活躍をしている。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【松本吉弘/渋谷ABEMAS】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【松本吉弘/渋谷ABEMAS】【Mリーグ】

状況に合わせてメンゼンも鳴きも使うバランス型。特徴がないともいわれるが、臨機応変に対応する安定感のある麻雀が魅力。押し引きの判断に優れ、ベストバランスとよく評される。

詳しく見る

【麻雀】成績レーダーチャート【白鳥翔/渋谷ABEMAS】【Mリーグ】

【麻雀】成績レーダーチャート【白鳥翔/渋谷ABEMAS】【Mリーグ】

対局相手に対応するバランス型で守備寄りの打ち手。供託が有る時は積極的に供託を狙いに来る事が多い。著書によれば、供託棒取りは完全な「押し得」とのこと。

詳しく見る